最新ニュース、芸能ニュース、話題ニュースを配信するニュース系まとめブログです! 毎日必ず最新ニュースをお届けいたします! よろしくお願いします!

    生活



    (出典 www.carsensor.net)


    多いのか少ないのか

    【【忠告】全国で多発!車の燃料を入れ違えるトラブルが1か月で390件・「軽自動車だから軽油!」の考えはやめよう!】の続きを読む



    (出典 www.fukasaku-yasai.com)


    1日3つ食べてる

    1 僕らなら ★ :2019/03/19(火) 02:13:06.17

    (CNN) 1週間に卵を3~4個食べる人や、食事から1日当たり300ミリグラムのコレステロールを摂取する人は、そうでない人に比べて心疾患や早死にのリスクが高い――。そんな調査結果がこのほど医学誌JAMAに発表された。

    論文を執筆した米ノースウエスタン大学のビクター・ゾン氏によると、卵の黄身は特にコレステロール値が高く、卵1個には大きなもので約186ミリグラムのコレステロールが含まれる。

    研究チームは、2万9000人あまりについて平均で17年半にわたって追跡調査した米国内の6研究グループのデータを詳しく調べた。

    その結果、心血管系の疾患を発症していたのは計5400人で、うち1302人は脳卒中(死者を含む)、1897人は心不全(同)を発症し、113人はそのほかの心疾患のため死亡していた。それ以外の原因で死亡した患者は6132人だった。

    今回の調査では、食事からのコレステロール摂取が1日当たり300ミリグラム増えると、心疾患に関連したリスクは3.2%高まり、早死にする可能性は4.4%増えるという結果が出た。

    卵は1日当たりの消費量が半個増えるごとに、心血管系疾患のリスクは1.1%上昇し、早死にリスクは1.9%上昇するとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-35134378-cnn-int
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552916530/


    【【注意】1週間に卵を3から4個以上食べると早死にリスクが高まる(JAMA)】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    娯楽

    1 どどん ★ :2019/03/17(日) 13:03:08.53

    ●17年度の家庭用ゲーム市場は2ケタ成長
    ●触感や振動を再現する新しい遊びが登場
    ●マーケティングに欠かせないコンテンツに

    家庭用ゲーム機が売れています。しかし、盛り上がっているのは家庭内だけではありません。テーマパークにゲームの世界が体験できる施設が登場したり、
    街そのものがゲームの舞台になったりしています。エンターテインメントの枠を超えて、暮らしの隅々に浸透している印象を受けます。なぜでしょうか。
    消費太郎さんの疑問に大岩佐和子編集委員が答えます。

    太郎さん 家庭用ゲーム機が売れていますね。

    大岩さん 2017年3月に売り出された任天堂「ニンテンドースイッチ」が大ヒットしました。ソニーの「プレイステーション4」も全世界での累計出荷台数が
    7900万台を超えました。「スプラトゥーン2」などの人気ソフトがハードの販売を押し上げました。

    ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するGzブレイン(東京・中央)によると、17年度の国内の家庭用ゲーム市場(ハード・ソフト)は3878億円で約2割
    伸びました。

    太郎さん スマートフォン(スマホ)ゲームの普及で家庭用ゲームはなくなるかと思いました。

    大岩さん 確かに主戦場はスマホです。ファミ通が17年6月に発表した「ファミ通ゲーム白書」によると、16年の国内ゲーム市場全体は過去最高の
    1兆3801億円となりました。そのうちオンラインゲームが約75%を占めています。

    しかし、通勤電車の中などで遊べるパズルゲームや、常時ネットで他人とやりとりするゲームに飽きたり疲れたりする人も出始めています。そうした人が
    家庭用ゲームの楽しさを再発見しているからです。

    「なんだかんだいって、昔の家庭用ゲームソフトはよくできていた」という声も耳にします。実際「ドラゴンクエスト」や「スーパーマリオブラザーズ」
    など昔からのゲームはよく考えられて作られています。

    太郎さん ゲーム市場は伸び続けますか。

    大岩さん 伸び続けるでしょう。VR(仮想現実)を使った新しいゲームや、触感や振動などを再現するゲームも登場し、新しい遊び方が市場を
    つくり出しています。

    さらにゲームの枠を超えて、暮らしに違和感なく溶け込んでいます。昔から映画や本、アニメが原作のゲームはありましたが、最近はゲームが起点となった映画
    が増えました。「バイオハザード:ザ・ファイナル」はカプコンの人気ゲームを映画化したものです。

    街もゲーム化しています。17年末には、東京・歌舞伎町に街を歩き回って謎を解く「リアル捜査ゲーム『歌舞伎町探偵セブン』」が登場しました。
    「ポケモンGO」は今も地方で観光客の誘致に使われています。

    NIKKEISTYLE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00010005-nikkeisty-bus_all


    【【疑問】生活必需品ではない「家庭用ゲーム」、なぜ売れるのか】の続きを読む



    (出典 t14.pimg.jp)


    諭せば何とかなる。手を出すのはダメ。

    1 みなみ ★ :2019/03/17(日) 12:03:01.09

    3/16(土) 20:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00180100-lettucec-life

    どもが悪いことをした時に、親が叱るのは当然の義務です。しかしその叱り方に頭を抱える人は少なくなく、先日も主婦の「“叩くしつけ”って必要ですか?」という投稿が注目の的に。
    一体世の育児経験者たちは、彼女の質問に対してどのような見解を出したのでしょうか。

    ■ 育児には“叩くしつけ”も必要…?

    相談者は、1歳の娘を育てる30代の専業主婦。最近彼女の娘はおもちゃを無闇に放り投げるそうで、先日義実家を訪れた際もおもちゃを投げまくっていました。そこで相談者は、「人に当たったら痛いでしょ?」「おもちゃが『痛い!』って言ってるよ。
    大事にしてあげようね」と子どもに注意。するとその一部始終を見ていた義母から、「そんなしつけでは効果がない」「時には叩くことも必要」と指摘されてしまったそうです。

    とはいえ、幼い我が子を叩くのに抵抗を感じる相談者。「悪いことをしたら、叩いてでも分からせた方がいいのでしょうか」とネット上に悩みを打ち明けたところ、「叩くべきではない」「義母の言い分は分かるかも」といった賛否両論の意見が飛び交いました。

    まず義母の育児法に異論を唱える人からは、「1歳でしょ? 普通は叩かない。物を投げるのも元気な証拠」「叩く育児は“自分より力のない者を叩いてもいい”と教えているだけ」「物を投げるのも成長のうち。
    色々な経験を経て物事を理解していくので、今は何の注意もいらないと思う」などの意見が続出していました。

    「私も1歳の娘を叩いたことがあります」と語る女性からは、「今度は娘の方がお友達や私を叩くようになってしまった」というコメントが。

    一方、中には義母の育児論を“良し”とする声もありました。「1歳の子どもに口で注意しても理解できない。お姑さんの子育て法は正しいと思う」「毎回叩くのはダメだけど、お姑さんの言う通り“時には”叩くことも必要」と“叩くしつけ”に賛同する人も少なくありません。

    以下ソースで読んでね
    ★1 2019/03/16(土) 23:10:27.55
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552745427/
    ★2 2019/03/17(日) 09:40:57.91
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552783257/


    【【子どもの躾】子どもに手をあげる親の躾は正しいのか、賛否両論】の続きを読む

    このページのトップヘ